商品案内
あまくさ晩柑


あまくさ晩柑は、最も晩生の柑橘類です。
果汁が多くジューシーで、さわやかな酸味と上品な甘さがおいしいみかんです。
文旦、グレープフルーツの仲間で、和製グレープフルーツとも呼ばれる晩柑は、昭和10年に熊本市河内町で偶然に発見され、河内晩柑と品種登録されました。
主産地の天草で生産される物が「あまくさ晩柑」と呼ばれます。
味が濃く、果汁が多く、爽快な風味が楽しめます。
あまくさ晩柑ピールは、この晩柑の外皮をボイルした後、数日間かけてキャンディング加工して仕上げてあります。




商品カタログ

ページの先頭へ