SHOEI NEWS2019年 8月号 Vol.234

CONTENTS

商況案内

2019年産カリフォルニア・アーモンド最終収穫予想

カリフォルニア現地時間の7月3日に、2019年産カリフォルニアアーモンドの最終収穫予想が22億ポンドと発表されました。

画像クリックで拡大します

<最終収穫予想>
予想収穫量  22億ポンド    (参考:2018年産の収穫量 22億80百万ポンド※見込)
予想収穫面積  117万エーカー  (参考:2018年産収穫面積 109万エーカー)
予想単収  1,880ポンド/エーカー  (参考:2018年産の単収  2,090ポンド/エーカー)

5月に発表された第一次収穫予想(25億ポンド)に対し、3億ポンド(▲12%)の下方修正となり、また、2018年産の収穫量(22億68百万ポンド)に対しては▲3.5%の減産予想ということになります。尚、全品種の約40%を占めるノンパレル種も、前年比98.7%と減産になる見込みです。
収穫面積が大幅に増加している中での減産理由は天候不良によるもので、2月開花期の降雨と低温、その後の嵐及び4~5月の降雨が木にダメージを与え、単収が悪化した模様です。
第一次収穫予想は25億ポンドと、大幅な増産予想であった上、最終予想の発表直前までは、業界全体が25億5千万~26億ポンド程度になるとの楽観的な見方をしていたことから、今回の発表を受けて全面的なオファーストップとなり、翌週には価格提示が再開されましたが、発表前の相場に比べUS$0.40~0.50/LB程度値上がりとなりました。
6月末での2018年産の収穫量は22億69百万ポンド(前年比100.4%)で、前年からの繰入在庫を含めた総供給量は25億82百万ポンド(前年比98.8%)となりました。2018年産の最終収穫予想は24億50百万ポンドでしたが、大幅に下回る形となっています。
一方で、6月末時点での累計総出荷量は21億9百万ポンド(前年比100.1%)と、前年並みの出荷量を維持しており、供給がタイトな状況です。
今期は、インドと並び最大の輸入国である中国/香港向けの出荷が、米中の貿易戦争の影響によって前年比74%まで落ち込んでいますが、インド向けが前年比114%と好調(6月単月では前年比150%)な他、中東や東南アジアへの出荷増によりカバーされている状況です。
また、米国内では消費者の健康志向からアーモンド加工品(製菓用アーモンドプードルやアーモンドミルク用のペースト)への需要が増加していることから、加工用原料は一層供給がタイトとなっています。特に、脱皮用の原料として使用されることの多いビュート/パドレ種の小粒サイズはハイペースで成約が進んだことから先高観が強まり、ヨーロッパを中心とした伝統的な市場からの買付けが殺到したため、早期完売となっています。
こうした背景から、2019年度への繰越在庫は、2017年の399百万ポンド、2018年の359百万ポンドを下回り、300百万ポンドを割り込むといわれており、端境期までは需給がタイトな状況が続くものと考えられます。
現地相場に関しましては、6月の出荷が好調であることが確認されたものの、相場が一気に値上がりしたことを嫌気して商いが少なくなっている面もあり、当面は動向に目が離せない状況です。

カリフォルニア・クルミ市況

画像クリックで拡大します

現地時間の7月9日に発表されましたカリフォルニアクルミ協会の出荷レポートによると、6月末時点のハンドラーの受入数量は672,723ショートトン(以下ST)で、前月からの上乗せはなく、繰越在庫を含めた総供給量(736,262ST)は前年同期比107.7%となっています。6月単月の出荷量は、前年同月より伸長し、殻付換算で31,599STと前年比104%となっており、内訳としては、殻付で前年比37.8%、剥実で前年比106.8%となりました。
剥実の主な出荷先としては、日本(前年比130.4%)、オランダ(前年比:235.3%)、スペイン(前年比139.8%)が大きく伸長、アメリカ国内への出荷も前年を上回りました(前年比104.0%)。
6月末までの累計出荷量は、殻付換算で621,912STと前年比109.8%となっており、総供給量に対する出荷の割合は84.5%と、前年よりも(前年同期比:82.8%)、引き続き早いペースで出荷が進んでいます。今後の出荷が昨年を上回る状況で推移した場合、今期の繰り越し在庫は55,000~60,000STになるものと予想されます。
2019年産クロップに関しては、現地パッカーからの情報によると、今年は降雨の影響で、収穫開始時期が例年よりも遅くなるとの情報もありましたが、生育は今のところ順調で、例年並みになると予想されています。また、収穫量に関しては、時期尚早ではありますが、各品種の結実状況から、昨年並み(670,000ST〜700,000ST)と言われています。
尚、現地パッカーのヒアリングを元に算出される第一次予想数量は、7月末から8月上旬にかけて発表される予定です。

2019年産中国白桃市況

画像クリックで拡大します

中国白桃缶詰の原料は主に2種類(大久保種と北京14号種)あり、主産地は北京周辺と河北省です。一般的に、大久保種は3~4日間の追熟の工程を経て、豊かな芳香を放つ柔らかいタイプの追熟白桃缶詰に使用され、果肉のしっかりした北京14号種は歯ごたえのある少々硬いタイプの通常の白桃缶詰に使用されます。
白桃の主産地である河北省の天候は良好な状況が続いていましたが、今期は降雨量が少ないため、果実の成長時期である5月~6月に水分を取れなかったことから実が膨らまず、全体的に小粒傾向となっています。
昨年は収穫直前に河北省の広い範囲で強風と雹が降り、白桃がダメージを受けて、地面に落下する深刻な被害を受け、約20%~40%の減産でした。
統計機関がないため、実際の収穫量は不明ですが、今期は天候に恵まれ、現地業界予想としては約30%増産の状況です。2019年産中国白桃缶詰現地オファー価格に関しては、昨年比より値下がり傾向です。

2018年産カリフォルニア・レーズン市況

需要の減少、供給持ち直しで、相場は軟調に推移

画像クリックで拡大します

カリフォルニアレーズン協会発表の累計10ヶ月(2018年8月~2019年5月)の出荷量は、162,385ショートトン(以下ST)で前年同期比74%と大幅に減少しています。
これは2017年産が減産並びに天日乾燥期間中の降雨による品質不良によって価格が大幅に高騰し、また供給が不安定になったため、トルコ産レーズンへ需要が移行したことが原因です。
2018年産は、収穫・天日乾燥とも順調に終了しており、2019年5月末までの累計10ヶ月の集荷量(収穫量)は、257,841STで、既に2017年産の集荷量220,582STを約17%上回っています。
出荷量は現在のペースで推移すると、200,000ST前後の着地見込みとなり、新年度(8月1日~)へは140,000ST程度の繰越在庫が発生する見通しです。
2018年産のフィールドプライス(農家からパッカーへの原料売渡価格)は、前年比$350/STの値上がりとなる$2,150/STとなりましたが、需要の減少と供給が持ち直したことで一転して需給バランスは緩んでおり、当面、相場は軟調に推移するものと思われます。
カリフォルニアレーズンの価格が下落したことで、トルコ産レーズンとの価格差はかなり小さくなっています。特に日本市場におけるレーズンは、カリフォルニア産のイメージ/認知度が高く、今後の価格動向次第で、カリフォルニアレーズンへ回帰する動きが見られる可能性が考えられ、動向が注目されます。
弊社では、カリフォルニアレーズン製品を国内自社工場選別品、中国自社工場選別品、また、国内自社工場で加工したラムレーズンなど幅広く取扱いしております。詳しくは弊社営業担当者までお問い合わせ下さいますよう、お願い申し上げます。

2018年産トルコ・レーズン市況

トンプソンタイプの価格は昨年より10%高値で推移

画像クリックで拡大します

2018年産のトルコレーズンは、昨年と比較し生産量が減少しており、現地価格が高騰しています。中でもサルタナレーズンは、昨年のカリフォルニア産レーズンの減産及び、価格高騰を受け、トルコ産トンプソン(黒)タイプへの需要が増えたことから、農家はトンプソンタイプの生産量を増やしています。
2017年産サルタナレーズンの生産割合はトルコレーズン全体の90%を占めていましたが、2018年産はトンプソンの生産割合が20~30%に増加したことから、サルタナレーズンの生産割合は70~80%となっています。トンプソンタイプの価格は昨年より10%高値で推移しており、農家は以前強気な価格帯でパッカーと取引しているとの情報があります。
一方、サルタナレーズンは依然ヨーロッパ諸国をはじめ世界各国からの需要があることから、昨年同期比で30%~35%値上がりしています。

商品案内

マイセラカゼイン Micellar Casein

マイセラカゼインとは?

画像クリックで拡大します

新鮮な脱脂乳をUF膜(限外ろ過)とMF膜(精密ろ過)でカゼインを濃縮し、スプレードライした機能性乳たんぱくです。

<商品特長>
・クリーンなミルク風味
・優れた乳化性
・熱安定性があるため、常温保存可能なたんぱく質強化飲料に非常に適している
・高たんぱく溶液でも低粘度
・カルシウムが豊富
・タンパク比率 95(カゼイン):5(ホエイ)

<用  途>
・スポーツニュートリション(液体、粉末、バータイプ)
・ノンデイリークリーム(液状、粉末)
・製パン用フィリング
・チーズ加工品、チーズフード、アナログチーズ
・蛋白強化食品全般(製菓製パン、うどん、餅、お粥、アイス、デザート等)
・カゼインを多く含み、腹持ちが良くダイエット系の製品にもお使いいただけます

Leprino Foods とは
レプリノフーズは世界最大のモッツァレラチーズ製造会社です。
本社はアメリカのコロラド州デンバーにあり、全米に11ヶ所の工場があります。
モッツァレラチーズだけでなく副産物のホエイより製造されるWPC(ホエイたんぱく濃縮物)や乳糖を現在40カ国以上へ輸出しております。
2016年より膜処理技術を活かし新たにマイセラカゼインの製造を開始し、用途開発にも積極的に取り組んでおります。

キャラメルミルクスパウトパウチ1kg

筑波乳業株式会社より

画像クリックで拡大します

国内製造の加糖練乳を主原料にした、無香料・無着色のキャラメルソースです。ゆっくりと加熱反応させることで、ミルクキャラメル本来のおいしさを引き出しました。
キャップ付き1kgの使いやすい荷姿で、カフェ・中食・リテールベーカリー等に幅広くお使いいただけます。

名称 乳等を主要原料とする食品
原材料 加糖練乳(国内製造)、水飴、砂糖
添加物 pH調整剤、乳化剤(大豆由来)
荷姿 1kg×6袋
用途 製菓・製パン、冷菓、デザート、飲料等
賞味期間 未開封時:製造後300日(製造日を含む)
保存条件 直射日光・高温多湿を避けて、常温で保存してください。

<商品特長>
・原料 国内製造の加糖練乳使用。無香料・無着色だから他の素材とも合わせやすい
・便利 キャップ付き1kgで女性でも使いやすい
・品質 長く愛される安定のプロ品質

<使用用途例>
パフェ、ホットケーキ、クレープ等のスイーツに、トッピングに、牛乳で割ってドリンクに。コーヒーやココアに加えてフレーバードリンクに、パンやお菓子に練り込んで風味や色付けに幅広くご使用いただけます。

<ラインナップ>
キャラメルミルク    荷姿:300g×24本  
ビターキャラメルミルク 荷姿:290g×24本
糖類を主原料とした、無香料・無着色のキャラメルソースです。乳原料を加え二段階加熱により、香ばしく、ビター感のあるキャラメルに仕上げました。

賞味期限:製造後300日(製造日を含む)

バターパウダー(発酵バター使用)

筑波乳業株式会社より

画像クリックで拡大します

ニュージーランド産の芳醇な香りの発酵バターを使用し、国内で粉末化したバターパウダーです。香料不使用で常温保存が可能、冷蔵設備が不要で、固形バターを使用できない食品加工品に適した食品原料です。粒子が均一でハンドリングが良く、飲料、チョコレート、製菓、惣菜、デザート等に使用できます。

商品名   バターパウダー(発酵バター使用)
原材料   バター(発酵バター)、デキストリン、乳たんぱく
アレルギー  乳
荷姿   20kg
賞味期間   未開封時:製造後 1年
保存条件   直射日光・高温多湿を避けて、常温で保存してください。

最終製品への表示例:
本製品を5%以上使用した場合
 乳等を主要原料とする食品(バター、デキストリン、乳たんぱく)
 バターパウダー(バター、デキストリン、乳たんぱく)

<商品特長>
・常温在庫可能
 バターを取り扱えない冷蔵・冷凍設備のないユーザーでも取り扱える
 配送/保管コスト削減、賞味期限切れによるロスも抑えられる
・乳のコク味付け
 バターフレーバーのみで出せない乳のコク味・乳味を付与できる
・食品添加物不使用
・表示
 裏面一括表示での「バターパウダー」表記可能

<用 途>
・ホワイトチョコレート
・焼き菓子(クッキー・マドレーヌ・スコーン…etc)
・粉末スープ、粉末ドリンク
・パンケーキ、プレミックス
・シーズニング、サンドクリーム

無添加 濃いアーモンドミルク 砂糖不使用 125ml

筑波乳業株式会社より

画像クリックで拡大します

アーモンドミルクが2013年にアメリカより上陸してから6年が経過し、発売以来アーモンドミルクは牛乳、豆乳に次ぐ「第3のミルク」として脚光を集め、市場規模は年々拡大を続けております。
今回新発売の『無添加 濃いアーモンドミルク 砂糖不使用』はローストアーモンドを約12.5粒使用(アーモンド1粒を1gとして計算、125mlあたり)し、食品添加物・砂糖を使用しないアーモンド本来のやさしいコクが味わえます。
“自然”に“シンプル”に素材の良さを感じていただけます。

名称 アーモンド飲料
原材料 アーモンド(アメリカ)
荷姿 125ml×15本
賞味期間 未開封時:製造後1年
保存条件 直射日光・高温多湿を避けて、常温で保存してください。
※よく振ってからお飲み下さい


<商品特長>
・アーモンド由来のビタミンE/オレイン酸
・乳・大豆不使用(100%アメリカ産アーモンド使用)
・砂糖・香料・着色料不使用、コレステロールゼロ 

筑波乳業株式会社の濃くつくるための技術
自社のナッツ専門工場で選別したアーモンドを皮むきし、まるごとつぶし、成分を濃いまま逃さない製法を生み出しました(微細化・まるごと粉砕)。さらに創業70年以上の乳業メーカーとして培った無菌充填技術を生かし、余計なものは加えず、素材の良さをそのまま閉じ込めています。

<ラインナップ>
濃いアーモンドミルク~ほんのり黒糖入り~<125ml・1,000ml>
濃いアーモンドミルク~香ばしロースト~ <1,000ml>
濃いアーモンドミルク~まろやかプレーン~<1,000ml>
濃いアーモンドミルク~濃厚プレーン~  <1,000ml>
 
上記商品のリーフレット、レシピをご用意しておりますので、詳細は弊社営業担当者までお問い合わせ下さいます様、よろしくお願い申し上げます。

正栄だより

Event News

画像クリックで拡大します

7月22日ナッツの日に、「TENOHA DAIKANYAMA」(代官山)にて、アメリカンナッツ・ドライフルーツを使用した料理イベントが開催されました。
シェフに神楽坂のイタリアンレストラン「Ristorante SOPRA ACQUA(ソプラ アクア)」の水上正太氏を、ゲストにクスパ公認インスタアンバサダーとして19名の料理教室講師の方々が招かれ、アメリカンナッツ・ドライフルーツを使用した夏向けレシピのデモンストレーションが行なわれました。
このイベントは、アメリカ大使館ATO(農産物貿易事務所)主催の、アメリカンナッツ・ドライフルーツのプロモーション活動の一環です。令和元年7月~9月にかけて、国内最大規模の料理・パン・お菓子教室の総合情報サイト「クスパ」にて特設ページを作成し、アメリカンナッツ・ドライフルーツの説明やレシピ動画を掲載する他、全国10か所の料理教室にて生徒300名をターゲットにしたレッスンを開催。さらに、7月22日に行なわれたイベントの様子は、InstagramやFacebookにてLIVE配信されました。またゲストの方々が自身のインスタグラム等から発信することにより、一層の情報拡散を目的としています。

 豊かな土壌と気候に恵まれ広大な土地で獲れる様々なアメリカ産ナッツ・ドライフルーツは、栄養価が高く熱い夏にもぴったりの食材として、デモンストレーションでは水上シェフより2品の料理が仕上げられました。

 一品目(写真左)は、ドライフルーツを豚肩肉で巻いて煮込む南イタリア料理です。開いた豚肩肉に、豚ほほ肉塩漬けの燻製、エシャロット、いちじくの角切り、レーズン、イタリアンパセリを載せて巻き込み、炒めた玉ねぎ、赤ワイン、ホールトマトで3~4時間煮込みます。食べ易くカットし、煮込んだソースとともに盛り付け、たっぷりのナッツミックス(アーモンド、ピスタチオ、ピーナッツを粗く砕いたもの)、パルミジャーノを振り掛け、バーナーで炙り香ばしく仕上げます。

 二品目は(写真右)は、北イタリアでポピュラーなナッツペーストのパスタです。ゴルゴンゾーラドルチェを溶かした生クリームに、茹でたリガトーニ(パスタ)、たっぷりのパルミジャーノを加えて和え、仕上げにサルサディノーチ(茹でてアクを除いたくるみ、にんにく、牛乳でふやかしたパン粉、オリーブオイルをペースト状にしたもの)、ブルーベリーとはちみつのカラメルソース、黒胡椒をトッピングし、ソースを絡めながらいただきます。

 間近で仕上げられていく臨場感溢れるデモンストレーションに、会場内は大変盛り上がり、イベントは大盛況に終了いたしました。このプロモーションに関する情報や、レシピ動画等は下記URLよりご覧いただけます。

料理教室ポータルサイト「クスパ」内
アメリカンナッツ&ドライフルーツ特設ページURL
https://cookingschool.jp/tieup/usnattsu/

一覧へ戻る
Page top