SHOEI NEWS2018年 1月号 Vol.215

CONTENTS

年頭ご挨拶

年頭にあたり

画像クリックで拡大します

新年明けましておめでとうございます。
皆さまにおかれましては、つつがなく新しい年をお迎えのこととお慶び申し上げます。

 ご承知の通り、 昨年来、企業を取り巻く事業環境はますます変化の激しい時代を迎え、世界情勢は全く予断を許さない状況にあります。また、国内に目を転ずれば、記録的豪雨による自然災害や、人手不足などの雇用問題、食の安全性の問題など、多くの難問が山積しておりますが、新しい年を迎えることができましたことは、ひとえにお取引先さま各位のご支援の賜物と心より御礼申し上げます。

 食品業界におきましては、天候不順等の影響から海外産地での作柄が懸念される中、新興経済国の消費拡大に伴う需給逼迫や、価格水準の動向など事業環境は不透明な状況にあります。日本国内では、新たな加工食品の原料原産地表示制度が始まり、また、厚生労働省が進める食品衛生管理の国際標準であるHACCPの義務化など、今後、当業界として、各々、しっかりとした対応を講じる必要があると考えております。

 弊社は、昨年、設立70周年を記念して商品展示会を開催いたしましたが、協賛いただきました国内外の出店企業、協会関係者の皆さま、また、ご多忙の中、ご来場いただきました多くのお取引先の皆さまには、あらためて御礼申し上げます。

 最後になりますが、昨今の健康ブームで、改めて乾果実やナッツ類の健康効果が見直されている中、本年はいくつかの市場環境の変化が予想され、産地の天候不順等による収穫減や国際価格の高騰が懸念されております。

 このような状況にあって弊社グループは、食材の専門商社・食品メーカーとして、その役割を果たしてまいる所存ですので、本年も変わらぬお引き立ての程よろしくお願い申し上げます。
皆さまのご健勝とご発展をお祈り申し上げます。

正栄食品工業株式会社
代表取締役社長 本多 市郎


お詫び
昨年12月に、弊社の子会社である株式会社正栄デリシィが製造しましたチョコレート菓子の一部に、製造設備におけるゴム製の異物が混入したことが判明いたしました。
健康被害の報告は受けておりませんが、同一の生産ラインで製造しております7種類の商品を自主回収させていただきました。今後はより一層の品質管理の徹底・強化に努めてまいります。お取引先の皆さまには大変なご心配・ご迷惑をおかけしたことを深くお詫び申し上げます。

商況案内

2017年産 カリフォルニア・レーズン市況

カリフォルニアレーズン減産・品質不良により供給は非常にタイトに

画像クリックで拡大します

 カリフォルニアレーズンは2017/2018シーズンに入って12月で5ヶ月目に入りました。2017年8月1日から12月16日までの原料レーズン(ナチュラルシードレス)の集荷量は131,052ショートトン(以下ST)で前年同期比73.26%となっています。9月の乾燥期間中に2度降雨があったため、パッカーでのUSDA(米国農務省)による受入検査で不合格となり、リコンディション(受入基準を満たしていない原料を洗浄など再処理すること)へ廻す品質の良くない原料が増えており、同期間中に発生したリコンディション原料は35,191ST発生しています。これは前年同期比で5倍以上に相当します。
 2017年産カリフォルニアレーズンのフィールドプライス(農家からパッカーへの原料 売渡価格)は、前年比$700/STの値上げとなる$1,800/STで10月中旬に決着しました。しかしながら、日本向けに出荷できる比較的品質の良い原料はごく僅かで、大半の農家はフィールドプライスにプラスアルファ$400~500/ST程度のプレミアムを求めており、オファー価格はフィールドプライスの上げ幅以上に高騰し、また、オファー数量も非常に限られたものとなっています。
 今期は、価格の高騰だけでなく、オファー数量が非常に限られた状況が今後も続く見通しです。弊社では、トルコ産レーズン等、他産地のレーズンも取り扱いしておりますので、代替品としてご検討くださいますようお願い申し上げます。詳細は、弊社担当営業までお問い合わせください。

2017年産 クランベリー市況

収穫量は約56万トンと、若干の減産になる見込み

画像クリックで拡大します

 2017産フレッシュクランベリーの収穫量は約56万トンと、若干の減産になる見込みです。
 クランベリーはブルーベリー、コンコードグレープと並ぶ、北米原産の果実です。栽培地はアメリカ北部~カナダの寒い地帯に東西に広がっています。
 クランベリーの生育には、寒冷な気候が必要とされていますが、2017年は西海岸での熱害のように気温が高い日が続いたため、クランベリーの果実が非常に小ぶりになったとのことです。
 クランベリーの主産地帯であるマサチューセッツ州、ニュージャージー州、ワシントン州、ウィスコンシン州などでいずれも減産となりました。そのため、収穫量全体として減産、さらにサイズ分けで製品用グレードの割合が少なく、オファー価格は値上げとなる見込みです。
 さらに詳しい情報につきましては、現地より情報が入り次第、ご連絡をさせていただきます。
 弊社では、ドライクランベリー(ホール品、カット品)、クランベリーパウダー、冷凍クランベリー等の商品を取り扱っております。また、国内関連工場で選別を行ない、より選別度合を高めたドライクランベリー商品の取り扱い、カット等カスタマイズのご要望、ご相談も可能です。ご不明な点等ございましたら、弊社営業担当者までお問い合わせください。

2017年産 カリフォルニア・クルミ市況

画像クリックで拡大します

 現地時間の12月8日に発表されたカリフォルニアクルミ協会の出荷レポートによりますと、11月末時点のハンドラーの受入数量は614,565ショートトン(以下ST)となり、繰越在庫を含めた総供給量は670,541STで、前年同月比90.5%(740,967ST)となっています。
 11月単月の出荷量は、殻付換算で99,091STと前年比90.1%で、過去3ヶ月連続して前年割れが続いている状況です。各品目の主要出荷先の状況ですが、殻付ではアメリカ国内(113.6%)、ドイツ(291.6%)、インド(166.1%)への出荷は伸長しているものの、殻付市場における最重要出荷先であるトルコ(49.6%)、中国(45.6%)への出荷が半減している影響で、 殻付全体で前年比77.3%となりました。
 むき実では、ドイツ(181.6%)、オランダ(175.4%)、日本(135.1%)への出荷は好調でしたが、全体としては、昨年並みの出荷に留まりました。(前年比101.1%)
 なお、11月末の累計の出荷は殻付換算で前年比78.7%、殻付はアメリカ国内のみが伸長しており、トルコ、中国、イタリア、スペインは大幅に前年割れしていることから、殻付全体で前年比69.1%、むき実は、日本が好調に推移していますが、最大の出荷先であるアメリカ国内に加え、UAE、スペインへの出荷が減少していることから、全体で前年比87.9%となっています。累計出荷量の減少については、収穫時期が昨年に比べ7~10日程遅くなったことが影響しているものと思われます。
 供給量については、昨年よりも減少することが確実視されていますが、チャンドラー種の作柄も当初の予想ほど悪くなかったことから、各パッカーから限定的であったオファー提示も、徐々に価格が提示されてきています。
 また、オープニングから上昇を続けていた価格も、直近1ヵ月は、横這いで推移しています。

2017年産 オーストラリア・マカデミアナッツ市況

最終収穫量4,6000トン(殻付きベース)

画像クリックで拡大します

 オーストラリアマカデミア協会は、12月初旬に2017年産オーストラリアマカデミアナッツの最終収穫量を、当初予想されていた収穫量54,000トン(殻付きベース、水分10%)より8,000トン少ない、46,000トンと発表しました。この収穫量は、8月に発表された第3次予想収穫量の47,000トンよりも更に少ない数量となっています。
 最終収穫量が当初予想より大幅に減ってしまった理由としては、今年3月末にオーストラリア東海岸で発生した台風が、マカデミアの産地を広範囲に渡り通過し、多くの農園に被害を与えたことと、2大産地の南部にあたるニューサウスウェルズ州ノーザンリバー地域にて6月に記録的な雨が降ったことにより、収穫機が適切な時期に農園に立ち入って収穫することができず、ロスが拡大したものと考えられています。
 このような状況から、殻付、むき実共に現地在庫は皆無となっており、一部サイズのみ、少量のオファーが提示されるものの、12月現在の価格については、今年3月のオープニング時に比べて、5%程度値上がりしています。
 また、中国バイヤーによるオーストラリア産殻付マカデミアへの引き合いは依然強く、2017年産に関しましては、前年比で約30%増となる20,000トン近い数量を買い付けたと見られており、オーストラリア産の収穫量の約半分が中国へ輸出されているということになります。
 なお、中国ではマカデミアの殻に刃で亀裂を入れ、殻付きのまま味付け・ローストされたものが人気で、スーパーなどで量り売りされ、消費者は自分で殻を割って食べています。
 2018年産の状況につきましては、今年9月の開花、10月の結実共に問題なく、2018年3月からの収獲に向けて順調に生育が進んでいますが、収穫量が回復するかどうかは今後の天候状況に左右されるため、今後の産地状況には注視する必要があります。

商品案内

ブルーベリーシロップ漬け

画像クリックで拡大します

 名作『赤毛のアン』の舞台となったカナダ東部の島、プリンスエドワード島産のブルーベリーを使用。濃厚なワイルド種の冷菓ブルーベリーをシロップ漬けにしました。
ゼリーを始めとしたデザートや、タルトやマフィン等の製菓・製パン用、飲料用としてもご利用いただけます。

■ブルーベリーシロップ漬け、クランベリーシロップ漬けのリーフレット、サンプルをご用意しておりますので、営業担当者までご連絡ください。

練乳パウダー 1kg

画像クリックで拡大します

 人気の「練乳パウダー」を幅広いお客様にご使用いただける様、使いやすい1kg袋にして新発売いたします。以前よりお客様から少量化のご要望を多くいただき、このたび商品化いたしました。
 国内乳製品と糖のみを原料とし、香料・添加物・着色料不使用のナチュラルな配合です。
 しっかりとしたコクと濃厚感で味の底上げができます。また、※スプレードライ製法により香り豊かに仕上がりました。チャック付袋で保存も安心です。
 珈琲・紅茶にはもちろん、各フルーツ・ナッツ等とも良い相性ですので、パンやお菓子の風味強化にも是非お試しください。

※スプレードライ製法
高温気流中に液体を霧状に噴きつけて瞬時に乾燥させる手法。霧状に噴きつけるので、微粉の仕上がりで溶けやすさが特長です。
長時間熱を加えないため、香り豊かな仕上がりになります。

正栄だより

スーパーマーケット・トレードショー2018のご案内

画像クリックで拡大します

 スーパーマーケット・トレードショーは、スーパーマーケットを中心とする食品流通業界に最新情報を発信する商談展示会です。全国のスーパーマーケットを中心とした小売業をはじめ、卸・商社、中食、外食、海外などから多数のバイヤーにご来場いただいており、出展者の新たな販路やビジネスチャンスにつながる場として、今回で52回目の開催となります。
 小売・中食・外食業界それぞれの来場者・出展者が、相互に交流や情報交換を行うことで、新たな販路やビジネスチャンスを創出し、日本のフードビジネス全体の発展に貢献することを目的にしています。(前回の来場実績は86,768名)
 様々なリテール商品を取り揃え、ご案内をさせていただきます。
ご多忙中とは存じますが、是非ともご来場いただき、弊社ブースにお立ち寄りいただきますよう、お願い申し上げます。

Sweets News

ケーク晩柑ショコラ・モンブラン

画像クリックで拡大します

 あまくさ晩柑ピールスライスを使用したケークと、蒸し栗ペーストを使用した濃厚なモンブランのご紹介です。
 焼き菓子に使う新しい素材を探していて、何か目新しさがあり、かつ多くの人に好まれるような素材がないかと探していたところ、以前から知っていた晩柑を思いつき、正栄食品に問い合わせて使ってみることにしました。晩柑のほろ苦さにオレンジビターチョコレートを合わせたケークです。2015年から販売しています。
 このケークには、形状が残りながらも主張しすぎないスライスタイプの晩柑がちょうどよく、使用しています。下処理として、晩柑スライスをソミュールに漬け込み、約1カ月程馴染ませて香り漬けしています。シュガーバッター法で、バターに砂糖類、卵、小麦粉を順に合わせ、最後にチョコレートチップ、あまくさ晩柑ピールスライスを合わせます。180度、40~50分程で焼き上げます。仕上げに晩柑スライスとシュトロイゼル、ピスタチオを飾りました。
 また、ケークに使用している糖類のうち、一部をパラチノースに置き換えています。パラチノースは、砂糖に比べ身体への吸収がゆっくりなため、血糖値の上昇が緩やかになり身体の負担を減らすことができます。これからの時代は、やはり菓子作りにおいても健康面を意識していかなければいけないと思っています。当店でも、他の焼き菓子や、一部の生菓子などにもパラチノースを砂糖と併用しています。表だって案内はしていませんが、そういったお菓子を求められているお客様には、ご案内できるようにしています。
 ケーク晩柑ショコラは、一本のホール タイプと、スライスタイプ¥250(税別) も合わせて通年販売しています。また、JR東海の新幹線車内販売でもご購入いただけます。
 モンブランは、蒸し栗ペーストとイタリア栗のペーストを合わせた秋冬仕様の濃厚な仕立てとなっています。
 構成は下から順に、メレンゲ、マロンクリーム(イタリア栗のマロンペースト・ラム酒・バター・牛乳・イタリアンメレンゲを合わせたもの)、ラム酒漬けのマロングラッセ、ラム酒入り無糖生クリーム、最後にモンブランクリームを絞っています。
 トップに絞っているモンブランクリームには、蒸し栗ペースト、イタリア栗のペースト、イタリア栗のピューレ、バターを合わせています。
 以前は蒸し栗ペーストではなく、和栗ペーストを使用していたのですが、正栄食品から案内を受けた蒸し栗ペーストを試してみたところ、これまで使用していた和栗ペーストと比較して味わいに遜色がなく、かつコストメリットもあったため、切り替えることにしました。
 和品種ならではの、ほっくりとした蒸し栗ペーストの味わいを、イタリア栗のペーストと合わせることで、甘すぎず、誰にでも食べやすい優しい味わいのモンブランに仕上げています。写真のプチガトーサイズの他、アントルメサイズ¥2,600(税別)も販売しております。
 春~夏の間は、イタリア栗のペーストと生クリームを合わせたマロンシャンティをトップに絞った、温かい時期でも食べやすい軽い食感のモンブランを提供しています。

一覧へ戻る
Page top