商品案内
パンプキンシード


ウリ科カボチャ属に属し、英語名ではパンプキン又はスカッシュ、和名ではポルトガル語を語源とするカボチャ(南瓜)は、主に西洋カボチャ、東洋カボチャ、ペポ種の3種類が栽培されています。
ペピータ(Pepita)とも呼ばれるパンプキンシードは、メキシカン料理やスナックとしての利用がよく知られています。
9月から10月にかけて収穫されるパンプキンシードは中国東北地区、西北地区が主な産地ですが、その中でも雲南省産の「光板種」は品質が安定し、深みのあるグリーンカラーが特長となっています。
中国では殻が白い事から「白瓜子」(バイグァズ)と呼ばれています。
また、光板種はロースト加工した際に膨らみがよいという特長も持っています。
ローストやフライをするとカリッとした食感と香ばしさが加わりますので、製菓・製パン原料、各種料理の材料として、また、アクセントとしても最適です。
かぼちゃの種を脱殻し、延吉秀愛食品で手選別した商品もご用意しています。




商品カタログ

ページの先頭へ